QLOOKアクセス解析
イメージ画像

調剤薬局に勤務したい!
そう思ったら、まず行動!

調剤薬局の薬剤師になるには

私たちが病院へ行って診察を受け、病気が判明した時に医師から処方箋が出されます。 一般的に病院の周辺には、病院と提携している調剤薬局もありますが、提携していない調剤薬局も多数立ち並んでいます。 また、病気の種類により調剤薬局が指定されている場合もあります。 調剤薬局の看板にも「○○病院・××病院の処方箋を受け付けています」と明記されている所もあるようです。


調剤薬局の薬剤師になるためには、大学の薬学部に入学し6年間在学して、薬剤師の国家試験を受け合格しなければなりません。 2005年に入学した学生は、従来のように4年間在学し国家試験を受験する資格が得られます。 しかし、2006年以降入学した場合は6年間の在学が受験資格となっています。


ある一部の大学の中では、現在も4年間の薬科学科という名称になって存在している大学もありますが、この場合薬剤師の国家試験の受験資格は得られません。


在学中も、病院や薬局での実習経験も単位に含まれています。 医学部や歯学部と同様に、学費は相当高額となります。 薬剤師に合格した後の進路でも、大学院への進学と調剤薬局への就職の割合がほぼ同じようです。 一口で「薬剤師」になりたいと思っても、道のりはかなり遠いものです。


薬剤師の求人募集としては、このように大学から就職する方法が多いようですが、求人情報誌を見てみると調剤薬局での募集も多くみられます。


他には、ナースなどの紹介サイトと同様に登録すると希望に沿った薬局を紹介してもらえるという方法もあります。 登録料が無料となっているところもあり、紹介されてから面接までの段取りも準備してくれるところもあります。 このようなサイトを利用して転職や就職したという人を知らないので、実際の情報はわかりません。


ハローワークで薬剤師を探すという方法もあります。 しかし、ハローワークでの求人は少ないようです。 特に調剤薬局という限定で探しても、なかなかみつからないようです。 薬局の販売員、レジ、在庫管理など一般従業員といった分類での募集になるようです。


東北のある都市では、薬学系や福祉系の大学が新たに医学部を創設し、病院を傘下に入れる方向も出てきています。 その大学の卒業生をその病院で雇用するという方式の新しい試みといえるでしょう。 国立の大学の病院の雇用方式に近くなります。


その病院に就職するためには、その大学に入学し薬剤師の国家試験に合格し、就職するという図式が生まれます。 そのため提携している大学への合格倍率が高くなることが予想されるではないでしょうか。 他の薬学系の大学との間で格差が生まれることにもなります。


薬剤師転職サイトについて

簡単ではありますが、薬剤師の転職サイトについて説明させていただきます。今現在どこかの薬局などで働いておられる薬剤師さんが転職したい時に活用してほしいのが、転職サイトです。


転職サイトは無料で利用できますし、転職が成功するとお祝い金を貰う事ができる会社もあります。転職サイトにはエージェントと呼ばれる相談できる人がいます。医療関係に詳しい人が殆どで、薬局と交渉してくれたり、面接の段取りをしてくれたり、時には薬剤師さんの悩み解決のために相談にのってくれる場合もあります。


ハローワークや転職情報誌では転職先の情報を探すしかできませんが、転職サイトならばエージェントさんに任せておけば貴方に合う転職先を調査してくれ転職の手助けをしてくれます。


まずは、転職サイト選びから始めてみましょう。


キャリアブレインCM

サブコンテンツ

おすすめ薬剤師転職サイト


このページの先頭へ